BIO

Since 1999 Conrad Leach has been making large scale paintings which have been exhibited worldwide.

1970's - “Growing up with Punk Rock, Motorcycles and Cinema”.
1980's - “Getting an Art and Design education”
1990's - “R & D for fashion and design companies including concepting MOTO for Topman and AIRWAIR USA for Dr Martens”.
2000's - Artist in residence at the Louis Vuitton CELUX project in Tokyo and working to commission for numerous international individuals and brands.

Representation:

The Gauntlett Gallery, London, UK

Cafegroove, Tokyo, Asia

Eske Es, Oslo, Scandinavia.

Subvecta motus gallery, USA.

1999年よりコンラッド・リーチは世界各地でスケールの大きなキャンバスショーを展開している。彼の作品のコンセプトはその類い稀なる才能と、幼少期の経験、そしてファッションデザイナーでもあった独自のバックグラウンドから形成されている。

1970年代 - パンクロック、そしてバイクと映画の影響されて育つ
1980年代 - 大学にてアートとデザインの教育を受ける
1990年代 - ファッションブランドTop Man のMOTOコンセプト、Dr. MartensのAIRWAIR USAコンセプトを担当
2000年代 - Louis Vuittonグループの会員制サロンCELUXとともに、数多くの国際的なポートレイトおよびブランドとのコミッション作品を世に送る

現在コンラッド・リーチは、次のエージェントに所属している。

イギリス(拠点/ロンドン):The Gauntlett Gallery

アジア(拠点/東京):cafegroove

ヨーロッパ(拠点/オスロ):Eske Es

アメリカ(拠点:カルフォルニア):Subvecta motus gallery

conrad leach